2016年12月31日

2016年


 もはや本ブログは年間数えるほどの更新となってしまいましたが、備忘録的に当方の今年について記載します。
 去年は某ベンチャー企業に飛び込んだのですが、諸般の事情?により1年でそのベンチャーは退職し、今年からまたアドバイザリーの世界に戻りました。ただ、分野はヘルスケアに特化し、その分野の業務を中心にコンサルティングやM&Aのアドバイスを行っています。
 ヘルスケアは市場規模としては今後間違いなく伸びる分野ではありますが、国の財政問題等を考えると、所謂診療報酬や介護報酬に依存した形では安定した収益の確保が困難となる可能性があり、今後色々な課題や工夫が必要な分野と思います。また、近年、多くの企業が成長領域としての進出を検討していると理解していますが、ビジネスとしてとらえると難しい部分もあり、そのあたりで適切なアドバイスをしていければと思っています。

 ということもあり、今年は非常に忙しくしており、仕事は勿論のこと、ヘルスケア関連のフォーラムや勉強会にも多数顔を出し、ネットワークもだいぶ広げることが出来ました。

 戦略研関連については、本体の研究会にはほぼ毎回出席し、分科会にもちょくちょく顔を出したという形で、こちらも面白い方に会い、面白い話を聞くことが出来ました。
 テーマとスピーカーはざっと記載すると以下となります。
・「地域医療の現状と課題、IT活用」:南日本ヘルスリサーチラボ代表森田さん、株式会社メドレー代表取締役豊田さん等
・「18歳選挙権!〜票育とデータに基づく投票行動予測〜」:NPO法人僕らの一歩が日本を変える。代表後藤さん、LLCつくばリスクマネジメント代表社員渡部さん等
・「人口減少社会の先進地としての過疎地域」:東京大学大学院農学生命科学研究科・特任准教授林さん
・「リノベーションとコミュニケーション」:渇キ泉道場執行役員三ツ石さん、地域リビングプラスワン代表井上さん等
・「中長期財政推計から見えてきた日本の課題と日本政治のこれから」:東京財団研究員兼政策プロデューサーの亀井さん
・「Healthtechのいまとこれから〜メディラインの導入事例から〜」:株式会社シェアメディカル代表取締役CEO峯さん
・「リーダーのための経営心理学」:経営コンサルタント、公認会計士・税理士、心理カウンセラーの藤田さん
・「IoTで農業を変える「みどりクラウド」」:株式会社セラク みどりクラウド事業部 担当責任者
・「夜間救急のマネジメント」:いおうじ応急クリニック 院長良雪さん、Fast DOCTOR 代表取締役 医師菊池さん

バラエティに富んでいますが、今注目の医療・農業・地域・財政をカバーした面白い内容だったと思います。

 国の財政が悪化する中、高齢化は進行し、将来不安の高まりからか消費も伸び悩んでいるため、今後の日本経済は決して安泰とは言えず、今後さらに生産性を高め、少ない人数で多くを生産する(稼ぐ)仕組みを作らないといけないと認識しています。
 そこで必要となるのがイノベーションであり、例えばAIは人間の仕事を奪うとは言われていますが、日本ではそれを上手く活用して生産性の向上を図っていく必要があるということと思います。
 また、難しい議論ですが、人口減少社会において全ての過疎地をこのまま維持していくことは現実的に困難と思いますので、その対応策も検討する必要があると思います。
 イギリスのEU脱退や米国大統領選でのトランプ氏の勝利等、世界は内向き志向に傾きつつあり、心配事が多いですが、人類の英知をもって解決し、より多くの人々がHappyに暮らせる世界を作ることができると良いです。そのために自分が何ができるかは引き続き検討課題として、、、
posted by TK at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする